【やまとなでしこ列伝①】小林麻央さん

小林麻央さんが亡くなったのは2017年6月22日。あまりにも若すぎる旅立ちに衝撃を受けた人も多く、悲しみは日本中を覆いつくしました。

小林麻央さんは人気ニュース番組でメインキャスターの一人として活躍したのち、番組のインタビューで出会った市川海老蔵さんと結婚。梨園の妻として歌舞伎界を支えながら、2人の子どもとの幸せな生活を続ける中、突然乳がんが発覚しました。

その闘病の姿を通じ、麻央さんが私たちに残してくれたものは何だったのでしょうか?

乳がん発覚のとき

麻央さんは「なぜ病気になったのか、ではなく、何のために病気になったのか。」を考えるようにしました。そして、病気になった私だからこそできることを考え、ブログを書くことにしたそうです。

「がんの陰に隠れないで」という助言があったことでも有名ですが、普通なら、キラキラしたキャスターとしての姿や、幸せな梨園の妻の姿だけを記憶にとどめておいてほしいと思うのものです。

でも、麻央さんはかつら姿や、酸素吸入器を着けている姿、むくんだ脚、千々に乱れる心など、すべてを赤裸々にブログにつづりました。

麻央さんは自分でも逃避したくなるくらいの現実を、ありのままの自分を受け入れる強さを持っていました。

病気の辛さは誰にもわかってもらえないもの

病気になった麻央さんは、転移による骨の痛みや大量の口内炎の痛みで食事も取れない状態と戦っていました。まわりの人たちは、麻央さんのことを思いやり労わってくれて、それには麻央さんもとても感謝をしていました。それでも本当のところ、痛みや辛さ、悲しみは本人でしかわかりません。

そしてさらに、麻央さんはこんなことにも気づきます。

夫の市川海老蔵さんのことです。

海老蔵さんは歌舞伎役者の家系でも最も伝統のある家柄・市川家の生まれあり、市川家だけでなく、日本の歌舞伎の未来をも背負って立たなければならないという宿命を生まれ持っている人。その責任感の重さや本当の意味でだれかと分かり合えないという孤独感などは到底他人には計り知れないものであるということが麻央さんは分かったのです。

種類は違えども、誰にも肩代わりしてもらえない苦しみ、悲しみ、それらすべてを包括して生きなければならない運命。そして、海老蔵さんは既に何年も前からそれを受け入れていることを。

神様へのお願い

麻央さんは、生前最後となるテレビのインタビューでこのように言っていました。

「もし私がこの病気という試練を乗り越えられた時に、病気をする前よりもちょっと良いパートナーになれるんじゃないかな。なので、役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様くださいといつも思うんですね。今まで気づかなかったけど、病気になって本当の夫の知ることができた、だからこれからもっと夫を支えたい、と。」

いろいろとやりたいことが出来ない病気と闘っている状況で、自分のことを願うのではなく、人のために生きる時間がほしい、と願っていました。

麻央さんが生きている間に何としてでもやりたいことは、身近な人、すなわち夫やこどもたちを含む家族を愛したいと、強く強く思ったのですね。

「守りたい・愛したい」そんな気持ちがどんなに辛い状況でも前面に出せる強さ。これが麻央さんの強さであり、美しさなのでしょう。

麻央さんが遺したもの

麻央さんが病気になり、死を意識せざるを得なくなったとき、きっと「どのように生きるか」に向き合ったことでしょう。

そして、「どのように生きるか」を考えた結果、麻央さんは一日1000回ありがとうを言うようになったそうです。サポートしてくれてありがとう。笑顔を見せてくれてありがとう。産まれてきてくれてありがとう。自分の食道も働いてくれてありがとう。痛みを知らせてくれてありがとう。。。

麻央さんは「この世はすべて愛でできている、自分はいつも愛を頂いている。だから感謝の気持を忘れない。そして、自分もいっぱい愛をもちたい」と考えていました。だからこそ、その愛が麻央さんにあふれていたのだと思います。

海老蔵さんはかつてはかなりやんちゃだったそうです。女性遍歴も派手で、結婚後にも暴力沙汰でニュースに取り上げられたこともありました。

それでも、海老蔵さんは麻央さんとの結婚生活で変わっていきました。自分中心の考え方だったものが、だんだん人の気持ちを想像できる人、人の優しさに気づける人になっていきました。

実際に麻央さんが亡くなった後での会見で、海老蔵さんは「僕を変えてくれた奥さんじゃないですか」と言っています。

海老蔵さんは麻央さんがどんなに体調が悪くて辛くても、いつも他人のことを気遣っていた、と言っています。そんな海老蔵さんは麻央さんの愛を感じて、変わったのです。

麻央さんは家族に「愛」を遺したのです。

 

愛というエネルギー

麻央さんは一人の女性として、妻として、母として、愛を表現した人だと思います。

愛とは何でしょうか?

愛とは、形で表さなくても伝わる、「想い」のことです。愛を知ると自分からも愛を出せるようになるし、周りの愛に気づくことができるようになります。お金がなくても、いつでもどこでも、愛を出すことはできます。愛はまさに自分が生み出すことのできるエネルギーなのです。

私もブログ読者の一人として、とてつもない愛を麻央さんから学びました。それをどんな風にこれから表現していくか、とっても大きな宿題をもらいました。でも、そう感じる人が一人でもいると知ったら麻央さんは喜んでくださる、そんな気がしています。